最も危険なスズメバチは発見したら即駆除|ハチの巣を徹底的に排除

危険なスズメバチの対策

蜂の巣

夏に繁殖する前の予防対策

ハチの種類の中でも最も危険なのはスズメバチです。子どもや高齢者が刺されるとショック死する場合もあります。最近は街中や住宅街にもスズメバチが巣を作るようになっていますが、これはスズメバチの天敵がいなくなったからです。ハチの巣を防ぐためには夏になる前に、専門の駆除業者に処置をしてもらうと効果的です。ハチは夏になると繁殖するので、その前に予防処置をするのがポイントです。専門の駆除業者はハチが好んで巣を作る場所を心得ているので、あらかじめ予防処置をすることができます。専門の業者に依頼すると費用がかかりますが、スズメバチの駆除の場合は地元の自治体で補助金を出してくれる場合があります。それらを利用するとお金をかけずにハチの巣の駆除ができます。

スズメバチの巣の特徴

スズメバチによる死亡事故というのは年間50件ぐらい発生しています。それだけ危険ということです。ハチの巣には色々な形がありますが、スズメバチの場合はバレーボールぐらいの大きさになるものがあります。民家の軒下や低い樹木の枝の中に巣を作ることが多いです。外から見てハチが出入りする入口がたくさん開いているハチの巣はアシナガバチです。出入りする口が見えなくて、全体的に丸くなっているのがスズメバチの巣です。このようなハチの巣を見つけたら、自分で処理をしないですぐに専門の駆除業者に連絡した方が安全です。また地域の保健所や役所でも対応してくれるので、とにかく早めに連絡して処置することが必要です。業者に処置してもらえば、二度とハチの巣が作れないように軒下に網を張って予防してくれます。

可愛いからと侮らずに

はと

鳩は様々な被害をもたらす害獣としての側面もあります。糞害などが主な被害になります。予防が最も重要となりますが、被害に気づいてから対策する人が多いため、業者に依頼した方が確実なことも多いです。なぜなら、素人の対策では確実に駆除することが難しい場合があるからです。

More Detail

被害に遭う人が多い

南京虫

昨今、海外旅行に行く人が増えたために、南京虫による被害を受ける人も増えています。南京虫は、人を吸血して生きていく害虫です。健康にも精神的にも良くないので、快適に暮らすには早めの南京虫駆除が大切といえます。

More Detail

駆除の1つケミカル工法

しろあり

シロアリを駆除する方法の1つに、ケミカル工法が挙げられます。ケミカル工法は薬剤を家に散布したり、注入する事でシロアリを退治する駆除方法です。駆除してからの持続性も長く、即効性もあります。費用は平均して坪単価、6000円から1万円程度です。

More Detail